不動産営業支援のHGエステート株式会社
お問い合わせ
HGコラム column
コラム

様々な管理獲得事例①「地主さんの不要な山林は手放せる?」 - HGエステート

2020.5.9

本日は、管理獲得から

関係ない話しから管理獲得のお話です。

地方や郡部でよくある話になります。

 

地方でアパート・マンションの大家さんは

アパート・マンション以外に

土地をお持ちのケースは多いのではないでしょうか?

 

土地の中でも、活用できるまたは、売却できる

土地であれば良いですが、どうしようもない山林を

持っているケースも多いと思います。

 

地方の不動産会社の事例です。

 

ある大家さんは、入居率が70%くらいでしたが、

アパートは返済が終わっており、そんなに困ってない

様子でした。

 

色々お話をしていると、他にも土地や山林を

所有しておりました。

 

土地に関しては、活用や売却できる土地でしたが

山林に関しては、

「誰が購入するんだ?」

といった場所でした。

 

大家さんは、山林が固定資産税ばかりかかって

お荷物。

 

更に相続時にも、次の世代へと負の資産と

お考えでした。

 

基本そういった山林は

どこの不動産屋も、売れない

自治体も引き受けてくれない

こういったケースが多いです。

 

ダメもとで隣地の所有者に

ヒアリングしたところ、たまたま寄付が決まりました。

 

隣地の所有者であれば土地と森林をひとまとめにして活用することができます。

 

山林のお話しで普通は諦めますが、可能性から

 

発想するのは、大事ですね。

 

後で調べたら、

 

山林の寄付先が見つからない場合は

山林を引き取ってもらえる可能性がある

山林の引き取りサービスを

している税理士さんもおられました。

 

大家さんからは、信用を得て

 

賃貸マンションの管理獲得から土地の売買まで話が

 

進んでいるとのことです。

 

管理獲得には、大家さんのお困りごとを

 

解決するのが、近道というパターンですね!!

 

 

 

 


ページトップ